読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小悪魔になれない女子たちへ

とある「結婚したいアラサー女子向けwebメディア」で副編集長をしております。(編集長不在なう)モテテクはあちらで、こちらは本当に結婚したい人だけに向けて発信します。

出会いがないのは100%自分のせい!〜好きな人ができない女子たちへ〜

彼氏ができない・結婚できない大きな要因に「好きな人ができないから」ということはありませんか?

やっぱり女子たるもの、一番好きな人と結婚したいですよね。中には条件重視で「好きとか嫌いとか関係ない」「生理的に無理じゃなければいい」なんて人もいますが、そういう割り切っている女子はとっくに結婚をしていると思うので……。

多分「結婚できない!」と嘆いている人の大半は、一番好きな人と結婚したいと思っているのではないでしょうか。

でも、なかなか好きな人ができない。なぜなのでしょう。

いい人がいない……のは自分のせい!

よく聞くのは「いい人がいない、出会いがない……」という愚痴。でもよくよく考えてみてください。本当に、出会いないですか?

私の経験上ですが、少なくともこう言っている女子は大概「社交的」で「いろんな出会いがあるタイプ」です。誰かに誘われたら、知らない人がいても遊びにくるし、居酒屋や横丁などで隣に座った人とも仲良く話すことができる、そんなタイプ。

つまり、出会ってはいるんです。自分が「いい人」と思えないから、「出会いがない」と思い込んでいるだけ。

理想が高いんでしょうね。自分はこんな程度の男とは付き合わない!もしくはその逆でこういう人は私には合わない……。みたいな。

あとは、周りに素敵な人が多すぎる女子。気も合うし自分のことわかってくれてるし、申し分はないけど付き合うまでには至らなくて「いいお友達」になっちゃった人が周りにいっぱいいる女子も、どんな人と出会ってもその「いいお友達」と比べちゃったりします。

自分のことをわかってくれている人の方が魅力を感じるのは、当然なんですけどね。

そんなことを言うのなら、その既存の「いいお友達」と結婚する他なくなっちゃいます。だいたいそういうお友達は既婚者とか恋愛対象に思われないとかで、なかなか難しいのですが。

そして、その出会う人出会う人を「いい人」と思えないのには、その人の理想が高いだけでなく、別の理由もあります。

否定癖がついてる問題

男を精査する癖がついている人、正直に手をあげてください。

恥じることはありません。だって、アラサーだもの!

「こんな男が魅力的!」「こんな男と結婚できたら勝ち組!」世の中には、そんな誰が作ったかもわからないような基準があるのは確か。そんなの知らなければ、とっくに結婚できてるのにね。

で、そんな基準をマークシート式にして、男をチェックしているのなら、いますぐその癖、直したほうがいいです。

たまにいるのが、自分の悪い部分やポテンシャルの低さを棚にあげて、男性のことを精査しまくる人。

自分のことを肯定することは大切です。それが自信につながって、自分をプレゼンする時の材料にもなるから。

でも勘違いしてはいけないのが、その材料を嘘ついてはいけません。自分のありのままの姿を見たときに、それでも勝負できる長所を知っておきましょう。

しかし、ここで重要なのが、「自分の短所もきちんと知っておく」ということ。つまり、自分のダメな部分を客観視するということです。

そうすると、相手(男性)の悪いところも、自然と認められるようになるんですよ。

自分も相手も人間だもの

人は、自分にもダメなところがあると気がつけると、相手への審査基準もゆるくなります。それは、自分と釣り合うような人を求めてしまうから。

自分のことを「(ざっくり言って)いい女」と勘違いしている女子は、そのいい女に釣り合うような男性を求めてしまう。そこに溝が生まれてしまうので、恋愛に発展しないのです。だって、いい男はあなたのことを「いい女」とは思うかは分からないから。

と、いうか、いい女なんていません。完璧な女なんていません。どれだけ見た目が良くても性格が良くても、人間なんだから完璧な人なんているはずがないのです。

それと同じで、完璧に理想的な男性なんて、求める方がどうかしてると思いませんか?

だから、男性に対して否定癖がついている人は、もう一度自分の短所を探してみましょう。

自分の悪い部分を知って、それを隠すのではなく認めること。そうすることで求める男性のハードルも下がるし、相手の悪い部分も認められる。

そうすることで初めて、「好きな人」ができるようになるのです。「いい人」とも、どんどん出会えるようになりますよ。