小悪魔になれない女子たちへ

とある「結婚したいアラサー女子向けwebメディア」で副編集長をしております。(編集長不在なう)モテテクはあちらで、こちらは本当に結婚したい人だけに向けて発信します。

あ、私普通だったんだ!〜自分の限界を自分で決めるという楽な生き方〜

世代による考え方って、全然違いますよね。

たとえば私たちゆとり世代の中でも、前半中間後半と、全く違った世代感を持ってるし。

 

でも、やっぱり少子化や晩婚、非婚化が進んだのって、イレギュラーな生き方がが認められるような世の中になって来たからだとおもうんです。

 

結婚しなくても、子供を産まなくても、会社に勤務していなくても、全然おかしなことじゃない。

どこか変わり者のレッテルは剥がしきれませんけどね。

 

生涯未婚の道を自ら選ぶって人が、胸を張って生きられる世の中になってることは確かです。

 

わたしはというと、物心がついた時から普通を1番嫌っていました。

ピンクを嫌い、スカートを嫌い、お化粧を嫌い、女言葉を嫌い、お姉さん座りを嫌い、、ってこれだけだと違う人格を疑われそうですが

 

女の子らしいことが嫌いなだけでなく、みんなと同じ時間に登校するのが嫌で、学校が開く2時間も前から登校したり。

進学校で大学へ行くのが当たり前って思った瞬間から急に大学への進学をやめたり。

みんなと同じ制服、同じ髪型が嫌だったから、とにかく変わった学校をしたり。

 

挙げるとキリがないですが、とにかく「普通のわたし」が嫌だったんです。

それと同時に、自分は選ばれし人間だとも思ってました。

なんの根拠もなかったけれど、人と違うことをすることで、選ばれし人間に近づきたかったのでしょうね。

 

世の中には、周囲と馴染めなくて悩んでいる人が多いと思いますが、わたしはその逆でした。

友達はたくさんいました。

でも裏を返すと、誰とも心の底から馴染みたくなかったから、より多くの友達をつくりたかったようにも思えます。

 

今考えると、だけれど。

 

そして、親の反対を押し切り、東京の専門学校に入学。

ほんと、親、ごめん。小学校の時から塾通わせてもらっとったのに、、。

 

で、入学したのは、東京で有名なファッションの専門学校。

そこには、ものすごくたくさんの人がいました。しかも、超カラフルで個性的な人ばかり。

みんな、独自の考え方を持っていて、我が道を歩んでいて、そして何よりも、変。

 

そのとき、わたしはそれまで、自分が選ばれし普通じゃない人間っていうのを、ただ見た目でごまかしてただけだ、って思いました。

 

わたし、めっちゃ普通やん。

 

だって、この人たちのことを「変」って思ったのだから。

 

結果的にいうと、私に選ばれし者の能力なんてなかった。

手を前に出してもビームは出ないし、お化けさえ見えない。

 

超、凡人。

 

 自分が凡人だって気がついたときは、それはそれはショックでした。

バカバカしいって思われるかもしれないけど、本気で世界を変えられるって思ってたんだもん。

 

そしてダブルでショックだったのは、凡人に必要な「努力」をするちからを養ってこなかったこと。

 

わたしは、努力が大嫌いでした。昔から。新しい者好きだけど飽きっぽくて何も続かないし、何かを極めたことは一度もなかったんです。

 

途方にくれたわたしは、人生をどう生きていけばいいか、わからなくなってしまったのです。

 

とりあえず、仕事に就くことにしました。

 

でも、会社は長くは続きませんでした。

 

仕事人として求められることは気持ちが良かったけれど、上司のプレッシャーに潰されそうになる日々。

 

普通なのに、普通に生きれない日々を、どう過ごせばいいのだろう。

 答えは、歯を食いしばって努力を、忍耐力をつければいいだけのことなんですけどね。

20年以上、自由人として生きてきたわたしには、それはあまりにも難しいことでした。 

 

ちなみに、今でもその葛藤と戦っています。

ただ、昔よりはだいぶ楽になりました。

 

それは、自分の限界を自分で決めることにしたからなんです。

それは、多分婚活でも一緒なんじゃないかなぁ。とふと思いました。

30代女子が20代女子に負けないものって?~結婚をあきらめ気味の女子たちへ~

また過去最高を記録したみたいですね。生涯未婚率。

headlines.yahoo.co.jp

ネットでは「金がないから仕方ない」「そもそも彼氏ができない」「これだけ?って思う。体感的にはもっと多いような」なんて声も上がってますね。

とはいえ結婚したいと考えている人はそれなりにいるみたいなんで、これから婚活事業やメディアが盛り上がるといいですね!(?)

ただ、気になる意見がありました。それがこちら。

結婚したかったけど縁がなかった。
ただそれだけです。

……(^ω^)?

すでに結婚を諦めているととれるこの意見ですが……。

諦める前に、一つ答えてほしい。

あなたは、花ですか?

 f:id:achin317:20170406190621j:plain

独身女性は決して花ではありません! 

ミツバチは自然とやっては来ません!

運命の相手は、メガネを取っても現れてはくれません!

自分から血眼になって探さないと、ご縁なんて見つかるわけがない!

待つな!探そう!!

そうだ、京都に行く前に婚活しよう!!

 

粗ぶってそんなことを言っていたら、とある30代女性からこう言われてしまいました。

「三十路超えたら、血眼になってる方がドン引きされるんだよ!」と。

確かにそうかもしれません。必死すぎるのは正直怖いです。でも、ですよ。結婚できない男性も同じように必死なんです。「男は女より年齢的に余裕あるから」なんて口では言っていても、男性のほうが生涯未婚率が9%も高いとなると、さすがに焦るでしょう。

そんな「互いに焦っている」婚活に使えるのが、「共感力」!

共感力を婚活に生かせれば、必死になることも無駄にはならないんです。

婚活市場において、30代が20代に負けないものって?

30代女子が、20代に負けないことが一つだけあります。

それが前述の「共感力」です。

「共感力」というのは、よくモテテクでも使われていますよね。「わかる~」って言っておけば、勝手に相手が親近感を抱いてくれる、とかいうアレ。

でも、ただ単に「わかる~」なんて言うのは誰だってできます。そのあと「わかるから、どう思うのか?」を相手が納得がいくように話せないと、「こいつ、わかるって言ってるだけだな」って簡単に見破られてしまいます。共感するなら、俺の気持ちを代弁するくらい詳しく述べてくれ、と。

つまり、ただ「わかる~」と言うだけでは「共感力」があるとは言えません。共感力というのはもっと先の、共感をして相手に信頼してもらえるかどうか。というところなのではないでしょうか。

「それ、マジでわかる!」作戦

自分と同じ考え方の人に出会ったら、初めて会った人でも無条件に「この人はイイ人だ」と信頼してしまいませんか?

逆に、自分と全く違う環境にいる人や、自分と考え方が全く違う人に対しては、嫌悪感を覚えませんか?

婚活で成功したいなら、この人間の心理を応用できればいいかな、と思います。

名付けて、「それマジでわかる!」作戦

f:id:achin317:20170406190734j:plain

必死になって結構。経験値高くて結構。むしろそれを全面的に出して結構。20代女子にはない多くの経験値は、男性との「共感」に繋がります。「それ、マジでわかる!」と言って、あなたとは気が合いそうってことをアピールしていきましょう。もちろんそのあとに、マジでわかる理由も添えて。

マジでわからなきゃだめですよ。だからこそ、30代の経験値が必要になってくるんです。

「結婚相手見つからないよね!それマジでわかる!大体良いと思った人は、結婚してるんだよね(共感)」

「赤ワイン一人で飲むようなヤツモテないとか、余計なお世話だよね!マジでわかる!お前にこのワインの良さが分かってたまるかって話だよね(共感)」

などなど……。

気が合うって、何よりも大切なことなんです。

離婚原因で一番増えているのは「性格の不一致」とか言いますし、失敗したくない人はとにかく「気が合う人」を見つけるべきじゃないでしょうか。

婚活でうまくいかなかった人は、この共感力を上手く使えていなかったのかもしれません。

ご縁がなかった……なんて諦める前に、年とともにレベルアップしたその経験値を、隠さずに婚活に生かしてみては??

 

出会いがないのは100%自分のせい!〜好きな人ができない女子たちへ〜

彼氏ができない・結婚できない大きな要因に「好きな人ができないから」ということはありませんか?

やっぱり女子たるもの、一番好きな人と結婚したいですよね。中には条件重視で「好きとか嫌いとか関係ない」「生理的に無理じゃなければいい」なんて人もいますが、そういう割り切っている女子はとっくに結婚をしていると思うので……。

多分「結婚できない!」と嘆いている人の大半は、一番好きな人と結婚したいと思っているのではないでしょうか。

でも、なかなか好きな人ができない。なぜなのでしょう。

いい人がいない……のは自分のせい!

よく聞くのは「いい人がいない、出会いがない……」という愚痴。でもよくよく考えてみてください。本当に、出会いないですか?

私の経験上ですが、少なくともこう言っている女子は大概「社交的」で「いろんな出会いがあるタイプ」です。誰かに誘われたら、知らない人がいても遊びにくるし、居酒屋や横丁などで隣に座った人とも仲良く話すことができる、そんなタイプ。

つまり、出会ってはいるんです。自分が「いい人」と思えないから、「出会いがない」と思い込んでいるだけ。

理想が高いんでしょうね。自分はこんな程度の男とは付き合わない!もしくはその逆でこういう人は私には合わない……。みたいな。

あとは、周りに素敵な人が多すぎる女子。気も合うし自分のことわかってくれてるし、申し分はないけど付き合うまでには至らなくて「いいお友達」になっちゃった人が周りにいっぱいいる女子も、どんな人と出会ってもその「いいお友達」と比べちゃったりします。

自分のことをわかってくれている人の方が魅力を感じるのは、当然なんですけどね。

そんなことを言うのなら、その既存の「いいお友達」と結婚する他なくなっちゃいます。だいたいそういうお友達は既婚者とか恋愛対象に思われないとかで、なかなか難しいのですが。

そして、その出会う人出会う人を「いい人」と思えないのには、その人の理想が高いだけでなく、別の理由もあります。

否定癖がついてる問題

男を精査する癖がついている人、正直に手をあげてください。

恥じることはありません。だって、アラサーだもの!

「こんな男が魅力的!」「こんな男と結婚できたら勝ち組!」世の中には、そんな誰が作ったかもわからないような基準があるのは確か。そんなの知らなければ、とっくに結婚できてるのにね。

で、そんな基準をマークシート式にして、男をチェックしているのなら、いますぐその癖、直したほうがいいです。

たまにいるのが、自分の悪い部分やポテンシャルの低さを棚にあげて、男性のことを精査しまくる人。

自分のことを肯定することは大切です。それが自信につながって、自分をプレゼンする時の材料にもなるから。

でも勘違いしてはいけないのが、その材料を嘘ついてはいけません。自分のありのままの姿を見たときに、それでも勝負できる長所を知っておきましょう。

しかし、ここで重要なのが、「自分の短所もきちんと知っておく」ということ。つまり、自分のダメな部分を客観視するということです。

そうすると、相手(男性)の悪いところも、自然と認められるようになるんですよ。

自分も相手も人間だもの

人は、自分にもダメなところがあると気がつけると、相手への審査基準もゆるくなります。それは、自分と釣り合うような人を求めてしまうから。

自分のことを「(ざっくり言って)いい女」と勘違いしている女子は、そのいい女に釣り合うような男性を求めてしまう。そこに溝が生まれてしまうので、恋愛に発展しないのです。だって、いい男はあなたのことを「いい女」とは思うかは分からないから。

と、いうか、いい女なんていません。完璧な女なんていません。どれだけ見た目が良くても性格が良くても、人間なんだから完璧な人なんているはずがないのです。

それと同じで、完璧に理想的な男性なんて、求める方がどうかしてると思いませんか?

だから、男性に対して否定癖がついている人は、もう一度自分の短所を探してみましょう。

自分の悪い部分を知って、それを隠すのではなく認めること。そうすることで求める男性のハードルも下がるし、相手の悪い部分も認められる。

そうすることで初めて、「好きな人」ができるようになるのです。「いい人」とも、どんどん出会えるようになりますよ。

結婚はかっこ悪いことでいい!〜タラレバ娘に納得のいかない女子たちへ〜

先週放送を終えた「東京タラレバ娘」、見ましたか?

アラサー世代の女子たちは、しっかりと全話見てた!って人も多いと思います。そして私もその一人。

なんとなくいい雰囲気で終わった「東京タラレバ娘」ですが、あのラストに納得のいかない女子たちが溢れているそうなんです。

※この記事にはネタバレが含まれます。まだ見てないって人はHuluで見てからお読みください。

f:id:achin317:20170327222231j:plain

 出典:東京タラレバ娘|日本テレビ

 

物語は最終、安パイな早坂さんよりも好きなKEYを選んだ結果に。ツイッターでは早坂さんかわいそう……といった声が多く上がっていましたが、まあその点は置いておいて。

もし自分が凛子だったら、早坂さんとKEY、どちらを選んでいると思いますか?

二兎を追う者は一兎も得ず?

凛子が早坂さんから別れを告げられた時の「自分の気持ちに蓋をするのは、嘘をつくのと一緒」という言葉がありました。筆者も過去に自分の気持ちに蓋をして違う人と付き合っていたことがありましたが、その時もまったく同じことを言われました。あの時は、嘘をついてしまったことの申し訳なさと自分の情けなさでいっぱい泣きました(笑)。

凛子は早坂さんと結婚することが一番幸せだったはずです。

将来性があって、優しくて頼もしい。そんな男性と結婚して、普通に幸せになれないはずがないんです。早坂さんのことを、一番に好きなら、の話ですが。

旦那としては最高の人材を逃してしまった……。凛子が早坂さんの家から帰る時に流した涙は、そういった意図だったのではないでしょうか。

でも結局タラとレバが言っていたように、自分の幸せは誰にも決められないのです。周りから「残念だね」「もったいないね」って言われたって、自分が幸せならそれでいいのです。

なんかの歌詞にもありましたよね。幸せは自分のものさしで決める、って……。あったっけ。

だから、早坂さんとの結婚は、凛子が決める幸せじゃなく、世間的に見た幸せ。結局早坂さんを選んでも、凛子は本当の意味での幸せにはなれなかったのです。

それが今回のドラマの言いたかったことなのではないでしょうか。

でもよくよく考えてみると、自分が好きになった人と結婚したって幸せになれる保証はありません。これは私の勝手な予想ですけど、凛子はKeyと付き合ったってうまくいかないでしょう。なんか性格合わなそうだし(笑)。まさに「二兎を追う者は一兎も得ず」ってやつですね。

結婚はかっこ悪いことでいい

だから、人は「とりあえず」結婚をするのです。もちろん「とりあえず」なんて言わずに「タイミングだったから」とか言いますが。

誰と結婚したってうまくいくかわかんないんだから、する前からウダウダ言ってたって仕方ない!本能のままに動くしかない。それはみんなわかっているはず。

でもなぜか今の30歳〜40歳くらいの世代は、「自分のものさしで決める幸せ」に強くこだわっているように思えます。

それはきっと、この世代は自分の力でいろんなものを手に入れてきたから。地位も、名誉もお金も、何もかも自分の実力で手に入れてきた!って人が、多いんじゃないでしょうか。

私たち下の世代から見ても、それは本当に尊敬すべき部分。努力も惜しまないし、とにかく自分の目標を実現するためには、何だってする。

だからこそ、高い理想でも自分なら手に入れられる!と思ってしまうのかもしれませんね。

でも結婚って、絶対的に成功!じゃない。結婚って、ある意味逃げであり、失敗であり、かっこ悪いことなんです。

だからこそ、完璧を求める世代にとっては、なかなか踏み込めないものなんだと思います。結婚は、逃げでいい。失敗したっていい。かっこ悪いことでいい。そして、そんなかっこ悪い自分を認めてあげると、自分にとって本当の幸せって何か、が見えてくるはずです。 

二番目に好きな人と結婚したらどうなるか

「アラサーの女が、普通KEYみたいなタイプは選ばないでしょ!」

そういった、今回のドラマに納得のいかない人が多かったようですが、実際自分が凛子だったらどうですか?自分の気持ちを押し殺して、早坂さんと結婚できますか?

もし早坂さんのような、二番目に好きな人と結婚したらどうなるか……?局は違いますが、それが次期のドラマ「あなたのことはそれほど」(TBS系列)で描かれるはずです!

一番好きな人と結婚したい、というのは、誰しもの夢だと思うんです。むしろそれを追い求めていたはずなのに、どうして凛子の行動に納得がいかないのでしょうか。

そんな「タラレバ娘の終わり方、納得いかない!」って人は、もしかすると「世間が決めた幸せ」に、気がつかないうちに振り回されているかもしれませんね。 

モテテクが怖い女子たちへ

初めまして。

筆者はとある「結婚したい女子向け」のwebメディアで副編集長兼ライターをしております。同様のカテゴリのメディアの中ではそこそこ有名な方だと自負しておりますので、念のためサイト名は伏せさせていただきます。

 

私がこの会社で勤め始めたときは、まだ26歳になったばかりでした。

メディアの読者層は「結婚したい!」と嘆くアラサーの独身女性。まだそこまで「結婚したい」願望のなかった私にとっては、かなりのカルチャーショックでした。

だって、みなさん結婚したくてしたくて必死なんですもん!

 

あなたも私たちくらいの年齢になればわかるわよ。そう言ったのは当時の編集長(30代前半)と、当時の副編集長(こちらも30代前半)の女性二人。

二人は「結婚したい女性」の代表みたいな女性で、編集長はバリバリのキャリアウーマン、副編集長は男経験のない喪女というイメージを持ちました。(ごめんなさい)

 

所属しているライターさんも未婚女性がほとんどで、結婚するためにはどう振る舞うべきか、彼氏をつくるためにはどんな女を演じるべきか、などなど……それはそれは熱心に研究を重ね、記事を執筆されていました。

私は過去の記事を読み漁り、スタッフやライターさんの意見を聞いて結婚したいアラサー女の心情を学び、そして男性の心情も研究し、今ではメディアをけん引するまでになりました。

自身も本格的なアラサーへ突入し、結婚したいアラサー女の心情がリアルに理解できるようになってきたのですが、ただひとつ。ここで働くようになった当初から変わらないことがあります。

 

それは、「あの人たちみたいになりたくない……」というホンネです。

男性を必要以上に精査したり、ママになった友達のSNSをディスったり、目の前にいるカップルをディスったり……。

 

分かってるんです。独身女性も、そうしたくてしているわけじゃないってこと。自分が幸せになれれば(結婚できれば)、他人のことなんてどーでもよくなることは分かってるんです。

それでも、「私はこうはなるまい……」と、職場の上司を見て思い、20代で結婚を決める女子が後を絶たないそうです。晩婚化を進めているのはきっと30歳オーバーの人々でしょう。(数字で証明しているわけではないのであしからず)

 

なので私も、ここで働き始めて1年が経ったころ、結婚しました。相手は学生時代からの友人(同い年)で、職業はフリーランス。しかも交際期間は0日。

こういうと、大体のお姉さま方からは「なんでそんなスペック低い相手と結婚したの?」「そんなノリで結婚決めて大丈夫?」なんて言われますね、はい。予想はしておりました。

 

でもいいんです。いずれ仕事がなくなって、最悪離婚なんてことになったとしても、いいんです。だって、人生って何があるかわからないから面白いんでしょう?

それに、どんなスペックの高い人でも、長い年月付き合った人でも、うまくいかないときはうまくいかないんです。

その後もリスクヘッジがうんたら~とか散々言われましたけど、その時私はまさにピンときました。

この人たちは、こんな風に言っているから結婚できないんだ、と。

そのとき、結婚できない女のなんたるかが明確に分かったような気がしました。

 

モテテクができない女は結婚できないの?

そしてこうも思いました。

メディアが女性を結婚させるために書いている記事やコラムは、「結婚できない~」と嘆いている人たちにとってはほんのわずかな力にしかならない。

だって、人の幸せを心から願えない独身女性たちが作っている(ここでは執筆と編集両方の意味を含む)記事なんて、ためになるわけがない!決して恋愛系ウェブメディアを作っている人全員がそうだというわけじゃないんですけどね。。

だから私は、ひそかにブログを開設することを決めました。

小手先のモテテクではなく、本当に結婚できる人間とはなんたるかを説き、この世から結婚できない女性を一人でも減らすために……。

 

恋愛系のメディアを見たことのある人ならわかると思いますが、書いてあるのは大体男性の心理に基づいたモテテクなんですね。

たとえば、合コンでは気になる相手としっかり目を合わせろ、相手のことは褒めて褒めて褒めまくれ、手をさり気なくタッチできればなおOK……などなど……

でも、男に媚びることはおろか、小悪魔なんて絶対になれない、と考えていた筆者から言わせるとですね……

 

こんなこっ恥ずかしいことできるかぁぁぁぁぁ!

 

というか、こんなモテテクをすんなりすることができる女性は、スカイツリーのようにバカ高い理想を持っていない限りはとっくに結婚してますから!

結婚できない、と嘆いている女性は、こんなモテテクのコラムを読んだところで実行しないんです。と、いうかできないんです。

だってサムいじゃん、そんなことやってる自分を想像したらはずいじゃん!ていうかキモイじゃん!友達がそばにいたら尚更できないじゃん!

 

でも、男性は女性が思う以上~~~っに単純な生き物。モテテクは心理学をしっかりと学んだお偉いさんが提唱し始めたものが多く、理にかなっているしちゃんと男性を落とせるんですね。

実際に、傍から見て「あざといな~」って思う女性って、やっぱりモテるんです。男性はあざといかどうかなんて、全然気にしてないですから。

それどころか、そんなあざとさに気が付いても「俺を落とそうとモテテク使ってる女の子カワイイ」ってなるそうですよ。不思議ですよね。バカですよね。

 

そして、可愛げのない女は、どんなに顔が美人でお洒落でも話が面白くても、結局可愛げない女、で終わってしまうんです。

「可愛げ」。これを上手く作れるのが、いわゆる「小悪魔系女子」ですね。

 

じゃあ、小悪魔になれない女子は一生結婚できないのでしょうか?

 

いえ、決してそんなことはありません。ここまで読んでいただいて薄々気が付いたと思いますが、筆者は小悪魔になれない系女子です。モテテク根絶協会の会員です。

そんな私でも、結婚できました。自分の身をもって体験しました。モテテクは使っていません。少なくとも、世に出ているような小手先だけのモテテクは

 

小悪魔になれない女子たちへ

(ちっ、なんだ、リア充の自慢ブログか)と思った人は、これ以上読んでもためにならないと思うので、読まないほうが時間の無駄にならないかと思います。そういう人は普段通りプロの独身さんのブログを読んでいただいた方が、有意義な時間を過ごせるはずです。

だって、人の自慢をディスることしかできない人は、そこでその人のようになろうとすることをシャットアウトしてしまうことが多いから。他人の意見や経験談を知って、それをいかに自分へ落とし込めるかが重要なんです。

 

冒頭でも述べましたが、私は仕事柄いろんな女性を見てきました。結婚できない人も、できた人も。いろんな女性たちの行動や考え方を、客観的に見てきました。いろんな著者さんの恋愛本を読み漁りました。もちろん、あらゆる恋愛識者への取材もしてきました。

そうして、自分でもいろんな実験(と言う名のデートや合コン)をしてきました。その結果、感じたことを包み隠さず述べて、伝えたいのです。

※ただし、小悪魔になれないけれど結婚したい女子に限る。

 

モテテクを自然に使える小悪魔になれる女子は、今まで通り恋愛メディアに掲載されているようなコラムを参考にしてください。でもそんな自分に疲れたなぁ、と思っていたら、ぜひこのブログを参考にしてください。

 

絶対に結婚できない女性なんて、この世に一人もいません。でもそれぞれ、いろんな譲れない理由があって結婚できないんだと思います。

それをひとつづつ紐解いて、結婚できないなんて発言を世界から一つでも減らすことが出来たら幸いです。

そして、本職のストレスから、こちらのほうはかなりの乱文になるかとは思いますが、温かい目で読んでいただけますと幸いです()

 

合コンもマッチングアプリも婚活パーティーも全然うまくいかない、小悪魔になれない女子たちよ!泥船に乗ったつもりでいてくださいね!