読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小悪魔になれない女子たちへ

とある「結婚したいアラサー女子向けwebメディア」で副編集長をしております。(編集長不在なう)モテテクはあちらで、こちらは本当に結婚したい人だけに向けて発信します。

モテテクが怖い女子たちへ

初めまして。

筆者はとある「結婚したい女子向け」のwebメディアで副編集長兼ライターをしております。同様のカテゴリのメディアの中ではそこそこ有名な方だと自負しておりますので、念のためサイト名は伏せさせていただきます。

 

私がこの会社で勤め始めたときは、まだ26歳になったばかりでした。

メディアの読者層は「結婚したい!」と嘆くアラサーの独身女性。まだそこまで「結婚したい」願望のなかった私にとっては、かなりのカルチャーショックでした。

だって、みなさん結婚したくてしたくて必死なんですもん!

 

あなたも私たちくらいの年齢になればわかるわよ。そう言ったのは当時の編集長(30代前半)と、当時の副編集長(こちらも30代前半)の女性二人。

二人は「結婚したい女性」の代表みたいな女性で、編集長はバリバリのキャリアウーマン、副編集長は男経験のない喪女というイメージを持ちました。(ごめんなさい)

 

所属しているライターさんも未婚女性がほとんどで、結婚するためにはどう振る舞うべきか、彼氏をつくるためにはどんな女を演じるべきか、などなど……それはそれは熱心に研究を重ね、記事を執筆されていました。

私は過去の記事を読み漁り、スタッフやライターさんの意見を聞いて結婚したいアラサー女の心情を学び、そして男性の心情も研究し、今ではメディアをけん引するまでになりました。

自身も本格的なアラサーへ突入し、結婚したいアラサー女の心情がリアルに理解できるようになってきたのですが、ただひとつ。ここで働くようになった当初から変わらないことがあります。

 

それは、「あの人たちみたいになりたくない……」というホンネです。

男性を必要以上に精査したり、ママになった友達のSNSをディスったり、目の前にいるカップルをディスったり……。

 

分かってるんです。独身女性も、そうしたくてしているわけじゃないってこと。自分が幸せになれれば(結婚できれば)、他人のことなんてどーでもよくなることは分かってるんです。

それでも、「私はこうはなるまい……」と、職場の上司を見て思い、20代で結婚を決める女子が後を絶たないそうです。晩婚化を進めているのはきっと30歳オーバーの人々でしょう。(数字で証明しているわけではないのであしからず)

 

なので私も、ここで働き始めて1年が経ったころ、結婚しました。相手は学生時代からの友人(同い年)で、職業はフリーランス。しかも交際期間は0日。

こういうと、大体のお姉さま方からは「なんでそんなスペック低い相手と結婚したの?」「そんなノリで結婚決めて大丈夫?」なんて言われますね、はい。予想はしておりました。

 

でもいいんです。いずれ仕事がなくなって、最悪離婚なんてことになったとしても、いいんです。だって、人生って何があるかわからないから面白いんでしょう?

それに、どんなスペックの高い人でも、長い年月付き合った人でも、うまくいかないときはうまくいかないんです。

その後もリスクヘッジがうんたら~とか散々言われましたけど、その時私はまさにピンときました。

この人たちは、こんな風に言っているから結婚できないんだ、と。

そのとき、結婚できない女のなんたるかが明確に分かったような気がしました。

 

モテテクができない女は結婚できないの?

そしてこうも思いました。

メディアが女性を結婚させるために書いている記事やコラムは、「結婚できない~」と嘆いている人たちにとってはほんのわずかな力にしかならない。

だって、人の幸せを心から願えない独身女性たちが作っている(ここでは執筆と編集両方の意味を含む)記事なんて、ためになるわけがない!決して恋愛系ウェブメディアを作っている人全員がそうだというわけじゃないんですけどね。。

だから私は、ひそかにブログを開設することを決めました。

小手先のモテテクではなく、本当に結婚できる人間とはなんたるかを説き、この世から結婚できない女性を一人でも減らすために……。

 

恋愛系のメディアを見たことのある人ならわかると思いますが、書いてあるのは大体男性の心理に基づいたモテテクなんですね。

たとえば、合コンでは気になる相手としっかり目を合わせろ、相手のことは褒めて褒めて褒めまくれ、手をさり気なくタッチできればなおOK……などなど……

でも、男に媚びることはおろか、小悪魔なんて絶対になれない、と考えていた筆者から言わせるとですね……

 

こんなこっ恥ずかしいことできるかぁぁぁぁぁ!

 

というか、こんなモテテクをすんなりすることができる女性は、スカイツリーのようにバカ高い理想を持っていない限りはとっくに結婚してますから!

結婚できない、と嘆いている女性は、こんなモテテクのコラムを読んだところで実行しないんです。と、いうかできないんです。

だってサムいじゃん、そんなことやってる自分を想像したらはずいじゃん!ていうかキモイじゃん!友達がそばにいたら尚更できないじゃん!

 

でも、男性は女性が思う以上~~~っに単純な生き物。モテテクは心理学をしっかりと学んだお偉いさんが提唱し始めたものが多く、理にかなっているしちゃんと男性を落とせるんですね。

実際に、傍から見て「あざといな~」って思う女性って、やっぱりモテるんです。男性はあざといかどうかなんて、全然気にしてないですから。

それどころか、そんなあざとさに気が付いても「俺を落とそうとモテテク使ってる女の子カワイイ」ってなるそうですよ。不思議ですよね。バカですよね。

 

そして、可愛げのない女は、どんなに顔が美人でお洒落でも話が面白くても、結局可愛げない女、で終わってしまうんです。

「可愛げ」。これを上手く作れるのが、いわゆる「小悪魔系女子」ですね。

 

じゃあ、小悪魔になれない女子は一生結婚できないのでしょうか?

 

いえ、決してそんなことはありません。ここまで読んでいただいて薄々気が付いたと思いますが、筆者は小悪魔になれない系女子です。モテテク根絶協会の会員です。

そんな私でも、結婚できました。自分の身をもって体験しました。モテテクは使っていません。少なくとも、世に出ているような小手先だけのモテテクは

 

小悪魔になれない女子たちへ

(ちっ、なんだ、リア充の自慢ブログか)と思った人は、これ以上読んでもためにならないと思うので、読まないほうが時間の無駄にならないかと思います。そういう人は普段通りプロの独身さんのブログを読んでいただいた方が、有意義な時間を過ごせるはずです。

だって、人の自慢をディスることしかできない人は、そこでその人のようになろうとすることをシャットアウトしてしまうことが多いから。他人の意見や経験談を知って、それをいかに自分へ落とし込めるかが重要なんです。

 

冒頭でも述べましたが、私は仕事柄いろんな女性を見てきました。結婚できない人も、できた人も。いろんな女性たちの行動や考え方を、客観的に見てきました。いろんな著者さんの恋愛本を読み漁りました。もちろん、あらゆる恋愛識者への取材もしてきました。

そうして、自分でもいろんな実験(と言う名のデートや合コン)をしてきました。その結果、感じたことを包み隠さず述べて、伝えたいのです。

※ただし、小悪魔になれないけれど結婚したい女子に限る。

 

モテテクを自然に使える小悪魔になれる女子は、今まで通り恋愛メディアに掲載されているようなコラムを参考にしてください。でもそんな自分に疲れたなぁ、と思っていたら、ぜひこのブログを参考にしてください。

 

絶対に結婚できない女性なんて、この世に一人もいません。でもそれぞれ、いろんな譲れない理由があって結婚できないんだと思います。

それをひとつづつ紐解いて、結婚できないなんて発言を世界から一つでも減らすことが出来たら幸いです。

そして、本職のストレスから、こちらのほうはかなりの乱文になるかとは思いますが、温かい目で読んでいただけますと幸いです()

 

合コンもマッチングアプリも婚活パーティーも全然うまくいかない、小悪魔になれない女子たちよ!泥船に乗ったつもりでいてくださいね!